スルスル酵素

スルスル酵素は、酵素の力と乳酸菌の力で老廃物をスムーズに排出し、
腸内環境をキレイに整えてくれます。

つまり、ダイエットはもちろんのこと、便秘解消にも効果が大きいのです。
特に女性の方は普段から便秘で悩まれている方も多く、下剤(便秘薬)を
服用しているという方もおられると思います。

ということは、スルスル酵素も下剤も便秘解消には役立つわけですが、
一体どちらがより効果的なのでしょうか?

スルスル酵素と下剤を比較

便秘

結論から言いますと、おすすめは「スルスル酵素」です。

これはダイエットと便秘解消の一石二鳥の効果があるからというだけではありません。
便秘の解消方法そのものの違いからして、下剤よりもスルスル酵素の方がおすすめなんです。

なぜでしょうか?
その理由を説明するのに、双方のメリット・デメリットを考えてみましょう。

下剤のメリット

下剤

まず下剤についてですが、下剤のメリットは何と言っても即効性にあります。
半ば強制的に腸に刺激を与えて蠕動運動を行わせ、腸内に溜まった便を排泄させます。
下剤には刺激性と非刺激性のタイプがありますが、特に刺激性の下剤は即効性が高いと言えます。

デメリット

しかし、その一方で依存性が高くなると下剤なしには
腸の蠕動運動がうまく起こらないようになってしまいます。

また、蠕動運動の機能が低下していくと効果も薄れていくため、
服用する量が増えたり、より刺激性の高い下剤に変更したりと
いうことが必要になってきます。

すると、下剤は薬ですから副作用のリスクも同時に高まります。
例えば、腹痛や動悸、不整脈、痙攣、むくみなどの症状が現れます。

下剤にはこのようなデメリットがあるため、一時的に使うことはあっても慢性的に
使用することは避けた方が良いのです。

スルスル酵素のメリット

img_1111

逆に スルスル酵素はというと、豊富な消化酵素が胃腸の働きをサポートしてくれるので、 未消化のものが老廃物として腸に溜まるというようなことが自然と解消 されていきます。

また、乳酸菌も腸内の悪玉菌の増殖を抑え、老廃物の排出を促してくれます。
そうすると、腸は本来持っていた蠕動運動の機能を取り戻します。

つまり、スルスル酵素のメリットは自分の体が持っている力で根本的に
便秘を解消できることなのです。

そのため、依存性や副作用はありません。
ただ、デメリットとしては下剤のような即効性には欠けるということです。

個人差があり、飲んだその日か翌日には便意を感じて、しっかり排便できる方もいれば、
数日経ってから効果が得られる方もおられます。

デメリット

しかし、下剤の依存性や副作用のことを考えれば、
それほど大きなデメリットではないでしょう。

ですから、便秘で悩まれている方、あるいは下剤を多用されている方は、
ぜひスルスル酵素をお試ししてみはどうでしょうか。

→スルスル酵素の効果をもっと詳しく